あなたの水腎症警戒易肺がんのトイレ悪習

現代家庭の多くの衛生用品は警戒、発ガン化学物質が含まれている化学物が含まれているからだと指摘している!」今は小編集と一緒にトイレに誰でもすべて犯す6つの発ガン習慣を発見することを発見することを発見します.1、トイレットペーパーがゴーマン博士に列挙されているのはまず、人々が毎日開かないトイレットペーパーです.彼は、衛生紙が多くリサイクル紙、外観を美化するために、多く衛生紙が染料を添加、蛍光増白剤やタルク粉を含む.色は白の衛生紙、もっと蛍光増白剤やタルク粉が加えてあるかもしれない.これらの添加物は多く含まれる化合物ベンゼン、一部の品質がよくない衛生紙はまたホルムアルデヒドなどが含まれます.これらの物質は長期と皮膚と接触する可能性は白血病と癌を誘発する可能性があり.二、清香剤は今多くの家庭が洗面所に入っている清香剤を入れて、環境は清新になって心地良い.これらの香りだけ料も化学合成の物を誘発する可能性もがん.ゴーマンガウシアン博士は、トイレには、空気の清新さを保つためには、常に窓や排気扇を使用することができないことを提案してください.多くの家庭は消毒水などの清潔な用品を使用して、常に部屋の隅あるいはトイレを放置していて.その蒸発後、大量に有害ガスが蓄積されて.お風呂場で熱湯を浴びると、毒性が強いと強いです.ある消毒水は,水腎症、2を含む、呼吸道、細胞変異に誘発され、白血病,肺がんなどを誘発します.三、プラスチック紙屑かご家のトイレで,また入れプラスチック紙屑かご.専門家は話す:トイレに紙屑かごが大幅に増加のスピードを繁殖し、トイレに繁殖場やウイルス感染源.彼らは一般紙の物、トイレに放り込んで水を流す;あれらのにくい押し流す衛生用品、袋持参便利、それを连れ出してトイレのごみの桶に投げ込み、トイレをきれいにまた汚染を減らすため、完全にはトイレで置きくずかご.4、シャンプーは安いのも高いシャンプー、1例の外は清潔剤と他の成分の混合物.泡のように風呂に使用の泡剤のように、シャンプーをされれば長期貯蔵と、中のホルムアルデヒドとシャンプーで使う乳化成分といっしょに化学反応を生じて、形成のN -ニトロソジエタノールアミンの発ガン物質.シャンプーは私たち生活によく使われている日用品で、それがもたらすこの健康問題も特に関心を持っている.5、泡浴、たくさんの若い人は石鹸を塗ることが好きでなくてシャワーを洗って、その中に横たわって浴槽の中で洗うことが好きです.石鹸の中の物質は天然物が多い.しかし泡風呂に使用の泡剤はそうでなければ、それは香が、この香り剤を招くかもしれない皮膚が炎症を起こして、くらくらして、長い時間お湯の中で体接触泡剤、含有の有害化学成分泡安定剤とまで浸透して皮膚呼吸肺の中に.暖かいヒント:できるだけ泡浴浴と入浴剤を使用して、植物油石鹸は良い選択.6、歯磨き歯ぐき疾病誘発心臓病、心臓の健康には、喫煙とコレステロールよりも大きい.また、歯ぐき疾患は中風、骨粗しょう、呼吸疾病、糖尿病などのリスクが増加するというリスクが増加している.練り歯磨きには何種類の活性成分が懸念されています.練り歯磨きに広く使われている化学物質「ラウリンノール硫酸.