どの水腎症ように消化する高齢者の食事の後で音楽を聞いて消化を助けることができます

音楽は、若い人の芸術的な雰囲気ではなく、高齢者にとってもメリットがあります
.音楽は芸術だけではなく、また、寿命を延ばす長生き養生トレーニング,甚だしきに至っては病気の治療の治療の疾.老人は食事後に音楽を聴いて消化を助けることができます.

の古典寿世保元という言葉があります:“脾臓いい音楽を、つまり動く磨食を聞け.」そして道家も脾臓闻乐は磨の言い方.実際,この二つの言葉は、音楽が消化を助けることができます.

現代医学の角度から見にきて、美しい音楽は人に1種のいい刺激を受け、人体に調和の共鳴し、全体の中枢神経係統する作用によって呼吸、循環、消化、泌尿、内分泌係の調節作用を果たす.血液循環が促進され、胃腸の蠕動と消化腺の分泌が増加し、新陳代謝にも役立ちます.言うことができて、音楽は老人に対して養生病除けの良好な効果は、大量の実踐経験と理論支持の原理.

お年寄りは夕食後休憩時、適度にリズムがゆったり、音色を聞いて.

『p』は美しく、きれいな音楽、もっと良い消化にとても良いです.しかし、注意しなければならないは,水腎症、楽曲の選択は人によって違います.たとえば性格外向者、宜聞いてうれしい、《歩歩高」;内気な者、宜聞いて『二泉映月』.