カップめんの水腎症渇望

時間に戻って1958年、これはおじいさん佟玉春心の奥の記憶.

新中国成立後、うち中国共産党に加入した、そして積極的に投入して新中国の建設の中で、今年は85歳になった.経験したこと三反五反や文化大革命、時間はおじいちゃんの顔に深く痕跡を殘した.今、おじいさんの心の奥には,水腎症、1958年のあのカップめんがはっきり覚えています.本編はそんなに悲しい味がしても、そんなに感慨は世の移り変わりが、おいしくなる人間珍味のような面の香りが時空を超えて、ごじゅう年近く殘香.

pの時、おじいさんは家で飢餓にもがくている.彼はまだ覚えてるおばあさんに祈りの目、そしておばあさんの言葉と渋無力良い子、眠ってしまった空腹ではないが!

から親戚は県食品会社に勤め、たまには彼に渡しておばあさんか珍しい村老若男女たまらない食べ物——麺.

このような貴重な食品、北京だけあって、このような貴重な食品があると言われている.おばあさんはいつも気にかけていて、うどんを宝物と同じにロックしている木箱の中にある.おばあちゃんは、春節になると、家にはとてもまずくうどんがまずくているという.」しかし、父の誕生日の日は、非常に贅沢に独りで食べるラーメンは、スープを何本かの面でしかない、家族が食べる有滋有味.

は記憶の中の誕生日で、火が映っているおばあさんの忙しい影があって、しばらくの間、満屋が漂っている人喉から手が出る麺の香り.

いつも、いつも、隣の人が早く来ないということは、いつもこのときに入ってきました.

あなたはお姉さん、あなたの家はまだうどんがありますか?」家族には、隣の異様な面持ちに気をつけている.おばあさんは眺めてて鍋に風の麺は、父は眺めて.

私の家のボスの対象は今日来て、家には本当に手を出さないものはありません..人を探すのは容易ではありません……隣人の声で目の袖で目尻を拭く.

麺はよく煮て、おばあさんにこぼれた数粒ねぎ、おいしですね、世の中には何の食べ物があった――これは父よりも待っていた一年ラーメン!

うどんを歩いて行こう!

おじいさんは、おじいさんが話したことを待っていないで、お父さんはもうなんだと分かっていました.父わという音、驚天動地泣き出して,そしてそれにラーメン飛び付く、泣きながら叫ぶ:“私はラーメンを食べる!」

ぽっとおじいさんの手の平に落下した父の顔には、すぐに父親の顔に殘した赤い指印.おばあさんは唖然て、初めておじいさんが父親を手にしているのだから.部屋に好静好静、まるで空気が止まった!おじいさんが痺れてきました、信じない自分の手を見つめている.大粒の涙に沿っておばあさんの顔庞流あの枯れて.おばあさんはお父さんとぎゅっとて、ぼそぼそとむにゃむにゃながら,おとなしい子、痛い君はいない?年末に豚を売って、麺を買って食べます.」

この時、部屋の中は静かで、おじいさん