スポーツで鍛えられるの水腎症は女性更年期の運動法則

頭脳労働は神経細胞に連絡が増え、条件反射が増え、強化、反応が敏感になります.体力労働は新陳代謝を促進し、酸素と栄養物質を吸収します.ろくでなしを排除する.更年期女性は、少し軽い体力労働と家事労働を選択し、花、料理、掃除、洗濯など、体にとってもメリットがあります.はちじゅう歳以上の高齢者の中で、80%以上は労働者の労働、説明に健康の大切さが、肉体労働を代わりには体育鍛錬のため、前者は往々にしてだけを繰り返すまたはいくつかの動作させることに一部器官、筋肉や神経が鍛えられ、後者が全身の各部分を活動に達し、フィットネスの役割.脳は人体の最も重要な器官で、それはのに十分な酸素が必要と血液を注ぎ込み、中枢神経と内分泌にすべて良好な刺激、代謝改善、活躍酸化過程は、脳に積極的に休みの最良の方法.

わが国の歴代養生鍛錬のプロジェクトの違いがあり、十分に供給によって体質と違うタイプの中、年配の女性疾病を治療して、フィットネス、例えば気功や太極拳、八段錦、五禽戏やマッサージ、保健のマッサージなど.実踐の証明するだけでなく、効果的な治療の手段で、しかも、フィットネス,水腎症、寿命を延ばすの役割.ジョギング、体操、散歩など、健康にもよい.

更年期女性が鍛えているという原則:

は1、根気よく続ける:人は中年になってから、ほとんど活動したくありません.スポーツで鍛えられた大切なことを知って、根気よく続け、三日間漁、2日間日に晒の場合、良好なスポーツトレーニング効果を受けて効果を受けます.

に適度な、話題:どんな運動させなければならない、全身の各部の筋肉、骨の関節などが鍛えられ、過度の運動が健康には不利な、疲れやすいよう、さらに内臓や体にダメージ.だから、運動時は適当に休むことに注意して.いわゆる動静、軽い、ジーク、安定を原則として、スポーツで初期、ドーパミンは多く、ドーパミンに早く、徐々に増加している.運動時、素早く、回転や頭で動作,あるいは転ぶ可能性がある.人は中年になり、競技性や突貫性のある緊張活動に参加しない方が、長時間に単調な繰り返し労働を繰り返している.

Pは、スポーツで鍛えられた時、小量活動による運動量の原則、人の体力、耐久力,器用さなど、徐々にアップすることです.人の内臓器官、機能活動も1つ適応過程に適応する必要がある、功をあせることはできない、疲労を発生されない.

運動時間:朝空気新鮮、元気いっぱい、体を鍛える最も良い時間.食事の後、すぐに活動するべきで、1~2時間後にして、やっとちょうど運動することにした.

運動の前に、先に準備運動をして、突然激しい活動による動ずるを防止することを防止することができます