夜雨蝶(夜の水腎症第七章)

私は記憶の中で

記憶中に捜索して

を探していましPは、年には資本主義の生活

があるかどうか地球上には雨の中の砂漠<P>があるかどうか夏には雨に水を水浸したいと思っていますか

はPはPとして,

として,

を一トルストイの『復活』はトルストイだそうですが、トルストイの『復活』はは資本主義の生活

は資本主義の生活

ですP

は仮説だかもしれないpは涙がと思わせる

と思わせるp>私依窓<あんなにたくさん

pは心に雨の中の荒れ地

がありますPは光の光

pは窓

を通してPはかすめる

かすめる星が闇に沒<P>Pは,
,水腎症、雨に漂泊

を漂泊しているPは雷雨に沒される

瑪糸フィロワ元社会保障相墜ちない

サイモンはサイモンです

に執着する

p>殘つ聂赫<夫は彼女から

に復活を抱くPは、P火急火急Pは誘惑に迫る

に迫る元は雨の中の蝶は

を訴えている

困難を共に切り抜ける欺の弱い

pは世の中どうしてこんなに汚いを振作して雨が風雨に雨風て<P>を過ぎましたP蝶が落ちる

p>と<団冰火

pは夜の花

です

は雨の明眸

私はただあなたのゲッカビジンは私はただゲッカビジンゲッカビジンが私を逃すことを逃しました

夜雨忘れて

p>琵琶をくわえて窓の外<凝万ケイの靑い海柔波

にまだ1曲歌う断腸の思い東風破

pは目じりから滑り落ち

に滑落てPは寒し雷の掠める

P蝶はうろたえにうろたえ

Pは手に執着する

、<

両目

は物寂しい

一舟漂泊

p>も逃し<天涯