断水腎症章

P命の中で人が来て、ある人は忘れて、ある人は心に殘て、少しは忘れて、一部の事は一生涯心の底に刻んで

もう二度と会えない人がいる、というのはすぐに天涯

という人だから忘れるべきだ、覚えてる

は覚えておいてあなたの生命の中で私はただ1つの旅人、しかし私の心にあなたは私の奇跡な

です

泣きたい時は散々泣いて、笑いたい時に笑って、愛したい時にひどく愛に行って、私はずっと自分を抑えて、心の楽、私が泣くの後は私が釈然として、私は大笑いした後に、私は楽しくて、私の愛した後後悔しない

私は雨が好きな日、遠くを見るのはすべて浸潤雨烟中、この時私の心の清い如水、事細かに味わっているこのすべて、独自に鑑賞して見とれている

春が好き

土のにおい、蛙を聞くことが好きで、ハスの花の香りが好きから、好きで瓦屋下雨の音が好きだと、十裏香るモクセイが好き、多情な秋月が好き、満天に舞う雪、自然を愛するすべて、すべて私に陶酔って、私に心が晴々と

よりも逍遥神仙の日は:毎日寝て自然と目が覚めて、一日三食、おいしいご飯がある、毎日のチケット数、そばに知冷知热できるのは,全世界を走って、一年場所に行って旅行して、写真、古い時に出して後味

幸せな感じでいいから源を発しては小さいの詳細は、感謝も幸福を獲得し、保有1粒の子供の心の心に生きて、楽しかった

私はあなたに会って,水腎症、私はあなたに出会って、これから心の底ずっとあなたの記憶について、あなたは知らない.私は醜いあひるの子、ただあなたを仰ぎ遠く仰ぎ、あなたをただ知っていて、ただあなたはすべて知っていません私は愛については結果がない、たとえ努力して、努力しても、私一人の一人だけの一人芝居

は私は冷静な人ではありませんて、少しは私が気になる、と言っても,苦痛と悲しみ

を交換しますp>の中<片芳草地、緑の靑々として、私だけを守っている人まで、長い年月が経過し

私は風の中のほこり、風は私が消えて消えていって、誰が私を思い出すことができて、誰が私

を気にかけることができますどうして私の心はいつも悲しみに満ちている?私はいつも多感な人で、毎日自分で編んだ幻の中

に囲まれて

を包むのですPが愛なら、きっと愛しているとは限らない、というのは愛じゃない、本当に心がある

もしできるならば、私は静かになってほしい穀中の本のユリ離れ、世俗の混雑して、悩み煩っていないで、私风轻云淡、ある事に対して憧れる

pは、Pは命にはならないPと言ってはならない

身菩提樹の気持ちの明鏡台時勤払拭になるなかれ誘発塵

心晴頃には雨も晴れヴぽㄊ峰ㄌㄝ時晴れも雨

pは希望がないと失望してないけど、希望もない、何か持っている

私は私が好きです