望眼水腎症・灯心

P人の一生が隠れて多すぎると殘念な夢を見て、夢がなくて、涙はすでに天涯を撒き散らすて……

あの夢、とても寂しいです.ヴェッキオ橋は特別な名前――橋橋のたもとを燈が燈、日の出とともに、消え、日の明……新婚まもなくの若い夫婦は、運命は嘆かわしい、妻のせい染め悪疾、夫に天に祈る、病気の妻はすみませんが、おそらく私は離れて、探してこれは私たちの長い愛情、私を待って、あなたはきっとなど私が君を抱きしめて.

このところ雨

が、ふい柳,湖堤、あの傘歩い石アーチ秀麗である女子……

家路、復路、来年のこと忘れてたか……しかし彼女は毎日橋に出て、1つの明かりを照らして、彼の長い帰り道を照らして、日の出は消えて、ゆっくりと、ゆっくりと、彼女は老いた、髪はごま塩、両眼はごま塩、両眼の間は茫然とした,
.

惜しい、彼女はもう安康だ……

の日、彼はもう家に帰って、ひげが伸びて、しわが寄ると、妻は橋のたもとに座って、知らない男、黙々としての焼きそのメモ:私はあなたを信じて,水腎症、私はあなたの帰りを待つ.

夫は言葉がなく、静かに待って、黙々と待って,その年に2人の2人の出会い――美しかった.

pこの夢、結局は目が覚めた、まだ終わらない.