水腎症夢が蝶に落ちる

あなたは私の身の回りで、あなたは私の身の回りで,水腎症、暁柔よく自分のに配慮する、あなたに私を心配させない.

に静かに一人で歩いて花を敷き詰めてネムの道で、西風優しく撫でるの裾、私の思いは慌てていどむ.私は慎重に自分の落ち葉を踏ませない.私の手から蝶が飛んで止まった道を通って、一輪の淺い生の野菊のそばで.

でも、花びらには蝶の人気が読めるというわけではありません.見上げた空には、浮雲がゆっくりと私の視界を這いずる、移ろの炊煙を歩いていた.親愛なる,
,あなたは知っていますか?あなたが去ってから、私はもう楽しくなりました;あなたが去った後、私はもうほほえみはしない.

たんぽぽはたんぽぽもなく寂しさを甘んじないで、やっと1路の尾は私がこの輪廻の喧騒の喧騒と煩雑に脱出することに従って

雨になって,少しうすら寒いでこの孤独な季節を襲う.

花はすべて枯れて、しかしどうして蝶は離れないで、1つの花の更に美しい花を探しに行きます?これは執着して裸の枝も、殘された香り?

一秒あなたは私の前に現れて、このように、雨は止まれた時私はあなたの顔にキスすることができます……