水腎症患者の飲食注意点について

腎盂より尿路閉塞によっての腎盂、腎杯の拡張、また時に腎実質の萎縮を伴っているの病気は水腎症と呼ばれています。水腎症患者にとって、病気を悪化しないため、日常生活の飲食について十分に注意をしなければなりませんから、ここですこしの水腎症患者の飲食規則を紹介します。

1、豆類とその製品をできるだけ避けます。例えば豆腐、豆もやし、豆の粉などの食品です。

2、腎臓でのナトリウムを排泄する機能が落ちていますので、水腫、高血圧、心不全者などの病状が患った水腎症患者は食事するとき食塩の量を抑えるべきです。あるいは無塩飲食療法を取ります。

3、揚げ物、漬物、コーラ、バーガー、牛乳、砂糖、ナッツ類、豆類、生臭料理などを食べてはいけません。米と雑穀を食べることができます。料理はチンゲンサイを主として、他の野菜は輔になります。

4、白質に富んだもの例えば卵、じゃがいも、ダイズなどを避けます。しかしこれはタンパク質の摂取を禁止しないことではありませんが、良質蛋白を主とするべきということです。また、適当に大根、はちみつなどの水道を疎通することに有利な食べ物を食べたほうがいいです。

5、シュウ酸塩を大量に含む食べ物を食べてはいけません。この種類の食品は豆類、テンサイ、セロリ、チョコレート、ブドウ、ピーマン、香菜、ほうれん草、イチゴとキャベツ科の野菜などです。同じくアルコール、カフェイン、お茶、チョコレート、無花果、羊肉、核果、ピーマン、紅茶を避けます。

6、カリウムに富んでいる食べ物を勧めます。ブロッコリー、バナナ、セロリなどのようにカリウムに富んでいる食べ物尿酸沈澱を減らし、尿酸を体外に排出することに効果があります。しかし、腎機能が低下して血液中のカリウム量が多く過ぎ、カリウムを制限するべきの場合もあります

7、水腎症の症状によっては水分の制限が必要です。飲む水分量を計量する以外に、料理を作った時、水分のことを考えなければならなりません。