水腎症1942

一九四二中国はいったい何かが起こることを知っていますか.抗日戦争はまだ終わってないと知ってたのに.1942《1942》この映画は、この時代のこと、日中戦争、日本は中国の河南省に進撃、当時中国河南省にあって災害にあった.この映画は主に2つの方面で行われ、一方は中国政府、もう一方は河南省の被災者.私はこの人はかなり好きです張国立ため、この映画の中で、張国立演じる大金持ちになって最後まで被災者の一人、この結末の後ろ姿が突然思い出し余華さんの書いた『生きる』,水腎症、最後は孤独な人を引いて、富貴、古参のダフ屋もこのように孤独の背中.

" p "私は多くの似ているところ、すべてゆっくりと家族1つの中で自分で自分で行って、心の中の苦痛は1歩ずつ深まって,
,1つの幾重にも.いったい人生は何のために?いい日があるために、ある日の人に付き添っている人はいますか?1942、この映画はとても経典で、彼は私達に上層の統治者の顔を明らかにして、同時に下層平民の苦難の生活をも見させました.映画の詳しさが適切で、細かい見覚えがある2つの家庭のことを引き立てて全体の被災地区の人民の苦難の生活.最後までは貧しいのは富都かまわないと思って、貧しくて一体何で、富んだね、何で、家族が一生の深い愛、家族だけであって,生活の道.