白(カラーレス水腎症恋)

の白い雪、流麗,,散って、だんだんに覆われた向こうのベランダ.

を見下ろして、人だかりの中の彼の口元に波打つからゆっくりと少しのほほえみ.知らず知らずに、熟知している姿はとっくに消えてなくなって.うつむいて、眺めて、鏡の自分、戸惑って、頭の中には憧れている.希望、小さな希望,期待しないで、大きな失望は大きい.ほほほ、私はどのようにするべきですか?

はは、また過ぎ去った日、依然としてを抑えない君への想いが、雪晴れ、雪が溶けるようにゆっくりと窓に沿って雫涙流し、手を伸ばして下ろして、少し冷たい指先感、充満する、最後まで、濡れた手のひら全体.またあなたを見る、冷たい指を忘れて、両手でほお、心はじっと見つめ、また昔と同じように幸せなニヤけ.あなたは遠くまで歩いて、眼中に物寂しいが浮かんだ.(でも、大丈夫O(∩∩)O _)次回がね,水腎症、君はまだ知らない、私はあなたが好きで、しかし、私は永遠にあなたに教えて!

もう一度見つめ、白い雪、それが涙になる.どう、私はずっと後ろからあなたを盗み見ていて、私の永遠の果てに……

の好きな加えてqq554385433ありがとう