落花の水腎症窓

君の窓を翻っ、この美しい季節にまた.目の前に、あのピンクの窓からマスク,無邪気で非情なの捨てる開行人の恋しい思い、今考えるとその枚に慣れてまた見知らぬ顔かもしれないが、この美しい季節に属していない私の未练を始め.

思い出はかつての寄り添う、甘い笑顔を見て、道行く人の注目と目の中の羨ましく……あなたの窓には、昔のことがあったから.しかし、この時点で日光の烈日の下の水泡に日光、そんなにもろくてもろくて弱いことを逃げて、運命の手配,
.

惚れは桎梏かもしれない、幸福はモモのぼんやりして、恋しい思いはそんなに美しい気持ち、心配のはそんなに誠実な心.依然としての日,水腎症、依然として依然としてブルー;依然として依然として熟知して、依然として窓の前の木、依然としての目撃して、依然として依然としての人、依然として依然として依然としての気持ち.

光は妥協,柔らかな夕日になって、再びあなたの窓に写真を撮りたいと思っています.この夕日にはこの思いが見られると思う.それはまた黙々として戛然の書くことができて、この人が美しい季節になることを書くことを書きました.いったい明るい月またAいて私の気持ちか!