静かな自分を聴水腎症いて

一人、静かに、静かに自分の呼吸声と心拍音が聞こえます.こんな自分が好きで、安然正座は,澄んで深い眸光中、任思い舞い上がる.時価初秋たけなわであるため、伏熱、考え,水腎症、乱雑.

Pは、この長い時間のもがく、少ない、多く、静かで,上調子が少なく、恬淡、多くなった.生命は1度の孤独な跋渉、一人で歩いて、一人で走って、一人で流浪;一人で泣く、一人で泣く、一人で笑う、一人で強い.寒い時、自分には、空腹時、パン、病気の時、病気のとき、自分に慰め、失敗の時、自分に目標にしてあげる……転んだ、痛みに這い、自分に寛容な笑みを与える.

pは!私はいつも一人、一人で歩き、独りで歌を歌い、独りで街をぶらぶらして……世界の狂喜、私、私、世界は出会って、あなたはかつて私はあなたの世界ではありません、ずっとあなたに会うことができません!

今記憶、左手、右手年月を1曲を婉曲、心にしみいり,!