風邪を引いて咳をどうフィットネス固表湯治气虚風邪ぎみで、水腎症咳が出る

風邪は1種類よくある多発症、一人一人が風邪気味で、風邪気味で、少し風邪気味だ.風邪を引いて、生活、仕事、勉強はしょんぼり.次にあなたに推薦して1項のフィットネスにして、風邪の効果を治療するのは良いです.

方薬構成:黄耆よんじゅうグラム、ビャクジュツにじゅうグラム、防風にじゅうグラム、ユリよんじゅうグラム、桔梗さんじゅうグラム;以上を薬は総勢細末、毎回きゅう、くグラム、毎日に~さん、お湯冲服、ななしち日コース;あるいは変更の煎じ薬(写真の上の各薬量半減)、水を煎じ、毎日1剤、2回に分けて服用して、普通の服さん~ご剤で.当つ係河南名医趙整理教授撰、係气虚風邪の有効な処方.

水腎症

水腎症

p>ない<气虚衛のほか、は唾液は固で自然発汗;衛に気が固は腠理疎やすく、風邪を引く.唯黄耆甘益の息を補って温三焦固表、玄府御風の鍵;で止められる無汗汗、髪は、補剤中の風薬.防風上りヘッドの顔である7、骨の関節の痛みを除いて、ほかの解四肢攣急、称治風の仙薬;ビャクジュツ健脾臓が胃で実衛土寄せ.夫の防風の善驱风、黄耆を固表は外が衛;てビャクジュツは固表は内が風によると、邪で消えてて、3薬は共同使用して、善散風の専剤――玉屏風散.蓋が三薬クラ辛温泉品から、プラス百合甘寒滋陰肺を潤すことをその燥烈、助けた亢の弊;桔梗を舟楫の剤、積載量を薬で上り、太陰肺经开达肺の息を入手.肺の主な毛皮、肺の宣发粛降の令の行は、毛皮が濡养でうるおい、これを助け玉屏風固表の力.薬を追って共同使用して、補って補って者、散者が散、は燥湿相済、陰陽の順、邪を病気は、体は康健.

こちらに適用する卫阳固で見えない表虚易感、慢性鼻炎や気管炎や、風邪拗れる者.慢性副鼻腔炎としては鼻が詰まっている人、コブシの15グラムをプラスして、コブシ15グラム.ここ数年慢性咳(咳変異性喘息、胃食道逆流)、特に鼻後に滴っ症候群、繰り返し経口中西薬、治療効果がよくない.