水腎症明白

Pというのは不注意で隣に一番熟知しているすべての瞬間がそうではないということがよく知らない.急に心の中になる.自分は不埒になって、私はつぶやき、自問していることを感じて,自問.最終的には答えないから.私は笑、笑うすべて、すべては、そのときにはすでに運命に定められている.

私はよく考えて、もし1年前、私はそんなに強情で、そんなに今日、また別の1番の光景になるのではありませんか,
?かつて、私は友達と冗談を言って、私は自分は”路痴」.多分、私は自分の考えているほどではなく、ただ私が習慣になっていると思う.だから、どこへ行っても、道遠近、私は、歩くことができないか心配するかどうか心配している.私は信じて、人は私を探して、私を連れて帰ってもいいです.だから、私はずっと幸せに道痴という役を担当していました.時間長くなり、人を習慣にさせた.慣れているというよりも、深く依存しているということです……これも神様からの恩賜、私はそれを当たり前のように.

N年後の今日、成長を経験した後」は、果たして無邪気ですか?……そんなある日、私は自分自身をあての中に身を置く時、私が突然目を、私は笑って自分に聞いて、今どこかどうかもできる人を探して,水腎症、今回の私、もう人が私を連れて帰ります…….私は空を見上げて、すべてすでにそんなに冷淡になって.答えは見つからないように……その時、私はとても恐れ入るとして、心はすでに何の味がないと言いました……だから私は自分に聞いて、もしある日、私はやはり歩きます、また人が探して私を探すことができますか?私を连れて帰っては?私は自分を慰めて,すべてすでにすべてすでに重要で、これからどこまで歩いて、すべて自分が通っていることを覚えています.慣れないとしても、これからは道に迷うことはない……

私たちは、いつも私たちは涙を流して涙を流します.私たちは、私たちは、私たちは、私たちは、私たちに泣くことがある.時々私は考えて、泣くことができて何かを得ることは1件の良い事ではありません.悲しいのは私自身が泣くのは涙がない.時にはわからないわずらわしい、人には人のけんかをしたいと思っている……自分の最も良い方法を制御することができて、携帯電話の電源は、自分は家に閉じ込め、徹底的にすべて遮断する……

pは急に多くの事が起きて、たくさんのことに迷って、たくさんのことを失って、自分はとても極端になりました.ある夜、ベッドに横になって、じっと天井にじっと見つめていて、いつの間にか涙が枕元に濡れて、いっそ枕に自分を埋めて、涙が泣き崩れるて……そして目を閉じ、エンロンの睡眠状態に入りました……自分が何を泣いているのか、自分が何をしているか知っているか……

2011年、一年一年、私が一番悲しい一年、私は私が一番忘れたい年になったと思う……おろしてはならないというものがあるものは、そうではないというものがある.私は聖人ではありません……いつからとも、この『悲しみの街』には、私も、ここでは、私も、ここでは、私は、私は、ここで1つの決着をしています……

これからは、私は健忘という、健忘という、私は、私は……しかし、どのように、心の最も深いところ、住んでいると信じます

☟ed药